STEREO-LIFE

HomeABOUT | DIARY | EVENT | GALLERY | WORKS | LINK 
年と二千年前から愛してる
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回遠野紀行

2008.09.17
2008年9月7日。
3連休の一週間前、来週連休だけどどうすっかーなどと話していた所、
「遠野行こうぜ遠野」
「おk」
なノリで急遽決定した遠野旅行のレポのようなもの。

他にも候補はあったけど、自分の意見を通してもらいましたwいやありがたい。
近いうちに一人でも行ってくるかーとか思っていたので、こういう機会があったのは本当に良かった。

いざ幻想の地へ。・・・な旅をざざざと振り返ってみる。
以下写真大量となっているので御注意を。


移動は友人Y氏の車で。行き帰り道中の移動全て任せっきりでした。とても快適でした☆
・・・いやほんとありがとうございます。
あと旅の途中は常時何かしら物思いに耽ってたんで、ぼけーっとしてた場面が多かった(というかほとんど)
かもしれないけどそれもごめんね星
などと一人で言って来いよと突っ込まれそうな有様の自分でしたが、グループで行く楽しさもやっぱりあるので以下略。
あ、あと主なカメラマンも自分じゃなかったりします。ほんと何もしてないなおれ!


DSC00033.jpg
道の駅「風の丘」からの写真。古き良き田舎の風景。いいよいいよー。


DSC00051.jpg
とりあえず遠野に着いて最初に向かった「伝承園」。
雰囲気いいね、いいね。マヨイガはこんな感じなんだろうかとか思いつつ。

DSC00061.jpg
オンバシラ!では無い。
壁一面に千体のオシラサマを祀ったおしら堂。農業・馬・蚕等の神様らしいです。
馬と娘が結ばれるという・・・と話すと長くなるので、興味ある人は調べて見るといいかもしれん。
布に願い事を書いて壁のオシラサマに着せるのですが、「彼女ができますように」という願いから
「妻の出産が上手くいきますように」という願いまで千差万別。
きゅうりだかお値段以上だとかも書いてあったような気がしたが見なかった事に。
この程度なら問題無いとは思うけど、もしこういった所に行く時はそれなりに自重しようね☆

DSC00072.jpg
老後・・・というか今からでもこういった場所に住んでみたいものです。あ、光回線完備でお願いします(駄目

DSC00088.jpg
その後すぐ近くのかっぱ淵へ。淵って言う割には整備されてるせいか浅いです。
げげ人間、ってレベルじゃない程度には人が居たんで、これじゃカッパは出て来んわなあ。
あ、余談ですが、ドライバーのY氏は遠野で子供を見つける度に「ヒャッハー!幼女だぁー!」とか
叫んでいました。世紀末のモヒカンかお主は。
丁度遠野祭りがやっていて街中が賑やかだったのもありますが、確かに子供多いなあとは
感じたり。やっぱ田舎は子供が多いんでしょうか。いやこれも偏見か。

DSC00084.jpg
こんな感じで撮ればカッパも出てきそうな雰囲気?

DSC00093.jpg
んでもって、個人的に今回一番楽しみだったデンデラ野へ。

DSC00094.jpg
昼のデンデラ野を逝く。
っていうか畑でした。もっとこう、荒涼とした野っぱらは無いものかー、と奥地へZUNZUN進んでみる。

DSC00099.jpg
広い!そして季節が季節なだけに青い!ここに彼岸花のある墓石が・・・!ある訳はないんですが。

DSC00100.jpg
蓮子とメリー・・・ではどう見てもありません本当に以下略。

DSC00103.jpg
更に進む。いつの間にこんな高い所に来たんだおれら。

DSC00104.jpg
更に広い広場に出ました。さすがにここまで来ると人が出入りしている気配は全く無い。
サッカーでもしたくなる広さですが、整備が全くされてないせいで歩いてるだけで体力結構消耗します。
日頃の報いが・・・。

DSC00109.jpg
デンデラ野最奥(とりあえず歩いて進めそうな範囲では)の沢を発見。すぐ近くに熊の足跡が!
ここに来るまでにいくつか川に寄っていったりしましたが、ここの水が一番冷たかったです。
さすが山は違うぜ。

DSC00116.jpg
さてそろそろ引き返すかー、と言い始めた矢先、来る時には気付かなかった横道を発見。
獣道、と言うにはきちんと整備(木を切り倒してある程度ですが)されているし、一体何なんだ・・・
と謎の好奇心に狩られて登ってみると、なんとそこには謎の祠が!
ものっそい土を被ったお賽銭と、いつ置かれたのか分からないお神酒が供えてある以外は
お稲荷様の小さい置物が置いてあるだけの、とても小さい祠でした。
ここら一帯の神様を祀っているのか、それともその分社なのかな・・・。
ひとしきり拝んだ後、転げるように下山。いつのまに山登りになったんだ。

DSC00224.jpg
そして早池峰神社へ。ヒャッハー!鳥居だぁー!遠野物語にも何度か名前が出てくる所です。

DSC00196.jpg
参道。いいね、いいね!

DSC00217.jpg
屋根に繁茂しまくりんぐ。いいね!

DSC00190.jpg
そして本殿。いいね!(しつこい)
博麗神社のイメージっていったらこんな感じです。人里離れた山中の神社。
萃夢想のタイトル画面と比べても違和感無い感じです。
参拝を終えた後、資料用に写真撮りまくってしまいました・・・無礼だったらすいません神様。
色々と幻視した後、下山。

DSC00225.jpg
旅館に着いて思う存分だらける我ら。
左から、世紀末覇者を操るY氏、ドンキーコングで遊ぶK氏、浮かんだ色々をスケブに纏める自分。
風情も何もねーな。
っていうかいつもの風景すぎるだろw

DSC00244.jpg
おもむろに始まるVISION対決。
遠野の地で酒飲みながら東方の絵札遊びとかまじたかまりんぐさあ敵を蹴散らせゆうかりん。


んでもって潰れるように眠った後、朝起きてちょっとだけだらだらしてチェックアウト時間ぎりぎりに
慌しく撤収の準備をして、祭りの雰囲気に浸りながら帰路について乙。

いやほんと楽しかったです。今回だけに限らずまた何度も行きたいなー。
次は今回行けなかった場所とまた行きたい場所行って、んでもって山ん中の旅館とったりしたいな。
次回はもうちょい時間かけて計画練ろう・・・。今回みたいなのも良いんだけどw

という訳で遠野紀行でした。そのうち諏訪とかにも行きたいですね。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://magicgunner.blog62.fc2.com/tb.php/181-8be57b97
Template by まるぼろらいと

Copyright ©STEREO-LIFE All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。