STEREO-LIFE

HomeABOUT | DIARY | EVENT | GALLERY | WORKS | LINK 
年と二千年前から愛してる
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

2010.12.07
気づいたら12月です。今年もあとひと月無いみたいです。
信じられん、誰の仕業だ。ゴルゴムの仕業か。ぬおおお許゛さ ん゛!!!(挨拶)


■フランちゃんドゥフフ
フランちゃん

でかいの↓

フランちゃんとあれそれして日々を怠惰に過ごしたい……。
下書きからデジタルで描くのはやたら神経を磨耗するので二度とするまいと誓う冬の夜。


先日開催された秘封オンリーに参加された方々お疲れでしたー。うおお参加したかったうおおお!
哀れ地方民はメロンちゃんに委託された数少ない作品を貪る事しかできないのだ。
自分が読んだ中ではREDさん(RED-SIGHT)とギロチンさん(ギロチン銀座)の本が
何と言うかそのたまらんっていうか、悶絶しすぎて椅子から落ちてビタンビタンしてました。ああもうたまらんなーー!

色々本の感想書きたいと思ってたけど書かないまま色々イベント終わってしまった。
夏~秋にかけての本で素晴らしかったものを挙げよう。いや全部あげるとそれこそ数日かかっちゃうので
つまむ程度にですけど!

・幻想八葉(あさつき堂)
多数の作家さんが参加したネーム交換合同誌。特にチャりんさんとムラ黒江さんの話が
背中にゾクゾク来るものがあって素晴らしかったです。ムラさんの尖ったネームとチャりんさんの
魅せコマへ持っていく展開の上手さが非常にマッチしててたまらんかったです。

 「マーベラス!」

・蓮の花咲くこの場所で(桃のカンヅメ×Carcharias)
星蓮船本。星蓮船のストーリーを過去・現在の多角的な視点で追ったお話。
星蓮船をプレイしてストーリーをある程度把握した人なら多数の割合が感じたであろう(と思う)、
「白蓮の思想は分かったけど、それって今の幻想郷には必要無い物なんじゃないの?」
という思いを、一つの形で答えを出していると思いました。
幻想郷はおっかないながらも、やはり素晴らしいなと。

 「決闘をしましょう。千年前には無かった今のルールで―――」

・遠野幻想郷(シャこ)
一人の河童を一人の少年から生まれる物悲しくも心温まるお話。
河童伝説、川流れ、マヨヒガ、遠野物語。
読み返せば読み返すほど胸の内に染み込んで行く本当にいい話。
チャりんさんの漫画は本当に話の構成が上手くてたまらんなー……と思う次第。

 ドントハレ!


他にも良い本がたくさんたくさん有るんですけどとてもとても紹介しきれない!
何となくですが今年はリグルと慧音の良い本に多く出合えたので株も上がりがち。
こうしてキャラへの愛は無限に深まっていくのであった。ああ。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://magicgunner.blog62.fc2.com/tb.php/283-6b3c682c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©STEREO-LIFE All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。