STEREO-LIFE

HomeABOUT | DIARY | EVENT | GALLERY | WORKS | LINK 
年と二千年前から愛してる
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブミー私ワンスモア

2011.04.05
こんばんは私です。
色々ありましたが自分は元気です。
まず最初に、今回の震災で犠牲になってしまった方々のご冥福を深くお祈り致します。本当に酷い災害になってしまいました・・・。
これからまだまだ大変ですけど、一市民として復興に少しでも力になれたらなと思うので、
力の限り頑張っていこうと張り切るつもりです!オス。


震災前とは程遠い身の回りですが、生活リズムはとりあえず平常に戻ったので出来る限り通常運行していく所存です。
自分の通常運行っていったら、そう、そうだよねー。


先日の日記の通り、2月初頭から今年の例大祭に参加できない事が確定しまっていたので2月は相当にヒマしていました。
年に数回の同人イベントの為に生きてるような物なのに・・・という深い悲しみに襲われつつ、
ちゃっかり例大祭の新刊新譜を楽しんだので(イベント自体は延期になりましたが)少しずつ感想なんかを。

十六夜咲夜の時間旅行 /Azure&Sands

いざ時の狭間へ。
鯛の小骨さんのコンセプトアレンジアルバム。

2年前の同サークルのCD「八雲紫の多世界解釈」もそうだったんですが、1曲目(今回のCDはイントロ入ってるので正確には2ですが)でグイイイと思いっきり
その世界観に引き込まれる感覚に脱帽です。のめり込む等と言う表現は生ぬるい、その時意識は既に幻想に・・・あ、これはいつもの事でした!!!

気づくと自分の精神はその世界に取り込まれている。独特のアレンジが生み出す特有の雰囲気は、
聞く人を心酔させるには十分な威力を持っていると思います。いやー素晴らしか。
アルバム全体で一つの作品として完成しているので、そういった作風が好きな方には文句なしにお勧めできるCDです。
hounoriさんの絵が生み出す雰囲気との相乗効果もあって何とも不思議で楽しく切ない世界へと誘ってくれます。

スペカ弾幕火事ドロワ /音速うばぐるま

少女弾幕地獄2。
早苗in紅魔郷EXTRA。
言葉は要らぬ、全ては闘いの中での拳で語れ―なんてのはむさい男共だけの話で、
幻想郷の少女たちはそれはもう無駄話をくっちゃべりながら弾幕で語り合う。
あ、言葉は無意味って部分は共通してるから同じようなもんなのかもしれない。

いつも脈絡無くフランちゃんウフフしてるので信じてもらえないかもしれませんが、自分がフランドールにzokkonなのは
紅EXの素晴らしさに因る部分が大きいのです。
容姿・名前・設定・弾幕・スペル名・そして音楽でキャラクターを形作るという、東方projectの根幹であり
東方が比類なき魅力を放っている理由であるこれらの要素をこれぞとばかりに詰まっているステージ。
それが自分の紅EXの印象です。
姉に比べて圧倒的に規則正しい、セオリーに沿った弾幕を放ってくると思えば常識外れなスペルを唐突に繰り出してくる。
甘い罠、破壊衝動、剥離する意識、歪んだ独占欲、惑う心、妬み、その裏にある羨望、未来へと向かわないココロ、矛盾による崩壊、自己証明。
神主が明示した訳ではないので勿論個人的な見解でしかないのですが、逆を言えば幻想郷は
自己の中で完結する世界な訳で、そういった部分もまた魅力なんだなあと認識する次第。うーんたまらんな。

カゴメカゴメの大弾撃ってるフランちゃんまじ可愛い。
あとスターボウの「安地・・・ああいいやめんどい!」ってのと「波紋!残0だけどボムはある!ボムゲーで勝つる!!」ってのが非常に共感できて好印象でしたw
人によって大分解釈が変わりそうな本です。弾幕勝負だけしてるようなレビューをしてしまいましたがストーリーもちゃんとあって、冒頭で言ったように台詞の応酬も多いので漫画として退屈する部分はありません。
手押し車さんの以前の本「妖夢の妖々夢」もお奨めなので気に入った方はそちらも是非。
WebコミックではRe:という作品が凄く好きです。

弾幕勝負に負けたら服が破れるのはそういうルールだから仕方ないよね!!!1


とりあえず今回はこの辺りで。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://magicgunner.blog62.fc2.com/tb.php/288-5121e17f
Template by まるぼろらいと

Copyright ©STEREO-LIFE All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。