STEREO-LIFE

HomeABOUT | DIARY | EVENT | GALLERY | WORKS | LINK 
年と二千年前から愛してる
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご都合主義の舞台監督

2007.09.12
が本来の意味だと思ったんだけど、ゲームとかでは機械仕掛けの神様とかそういう意味で使われてますよね。皮肉った表現(常識の範囲内)とかは大好きなのでとても面白い。

という事でEX MACHINA
人と人ではないけど確固たる意思を持った生き物・・・人間並の知能を持った動物とか、AIとか、そういう物の関係のお話っていうのは大好物なのでちょっと気になったりしてしまった。映画で言えばターミネーターとか。シュワルツネッガーがどんどん人間臭くなっていく過程が大好きだったりする。主人公の男の子に教えられた「くたばれクソ野郎」(だっけか、うろ覚え)を言い放つシーンは人生で見てきた映画の中でもトップクラスに大好きなシーンです。
ラノベ辺りで言えば鉄コミュニケイションがそれにあたるかな。まじ面白いし良い話なのでお勧めです(布教
ギャルゲで言えば東鳩のマルチとかイルファになるのか・・・^^

ファンタジーとかでよく出てくる、獣人とかとの異種間の問題でどうのこうのっていうのも好きなんだけど、やっぱ一番好きなのは機械と人間の話かなあ・・・。記憶と記録、脳とAI、人間の思考と0と1の羅列の差、みたいな。
その機械が人の形をしていれば尚良し。ちょっと歪な感じならさらに良し。そういう意味でもファンタシースターシリーズのキャストは自分にとってクリティカル大ヒットだったりする。[゚д゚]<アイサレタ!

面白そうなら見に行ってみようかなー。うはしかもロボの声山ちゃんだよ。これは見るしかねええええええええ



Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://magicgunner.blog62.fc2.com/tb.php/70-89c3c29a
Template by まるぼろらいと

Copyright ©STEREO-LIFE All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。